カードローン利用者と住宅ローン

カードローン利用中です…住宅ローンも申し込めますか?

マイホームを持つというのはやっぱり良いものですね。しかし家を購入というのは一生の大きな買い物と言い、高額の費用も必要ですから、そう簡単に手が出るものではありません。たいていの人は親にお金を借りたりローンを組んで家を買うという方法をとっているようです。

ある人はマイホームを建てる計画をしており、住宅ローンについて検討していたそうです。ところが、現在、利用しているカードローンの残高が残っており、知人から「カードローンの借金がある者は住宅ローンは断られるらしい。」と聞いたそうなのです。家族がマイホームを持つ夢を膨らませているので、自分のせいで住宅ローンが組めないとなると困る…とその人はショックを受けたらしいのですが、実際にはどうなのでしょうか。

金融機関によっても審査基準は異なりますので、一概には言えませんが、必ずしも他社のカードローンの残高があるから住宅ローンが組めない、というわけではありません。確かにローンの申し込みの際には借り入れ状況も審査しますので、すでに借金がある人にさらに新規のローンを増やすとなると、審査は不利といえるかもしれません。しかし、審査というのは今後の返済能力を判断するものなので、住宅ローンの返済能力があると判断されれば審査に通過することは可能になります。

もちろん、過去にカードローンの滞納といったブラックリストがあれば、住宅ローンの審査には非常に不利になってしまいます。過去の利用履歴が健全であれば、審査には通過しやすくなるものです。もし、審査に通過する確率を上げたいのであれば、現在残っているカードローンを完済してから住宅ローンを申し込むようにするという方法もあります。金融機関に相談してみるとよいでしょう。