キャッシングを滞納した場合

知っておこう…キャッシングを滞納するとどうなるか?

金融会社のキャッシングというのは、ボランティアでお金を貸してもらっている事とはもちろん違います。金融会社は消費者を信用してお金を貸し出しており、消費者はそのお金は必ず返さなければなりません。また、キャッシングの契約の際には、金利、返済期限、返済額などの取り決めは済んでいるので、お金を借りた人はその契約の内容を必ず守って利用しなければならないのです。

お金を借りた人のトラブルで多いのが、期限までに返済できないということです。契約の際には、毎月の締日が決まっていたり、○月○日までに返済をする、といった取り決めが行われているはずですので、この日を1日でも過ぎてはいけないのです。しかし、中にはうっかり忘れていたり、たまたま忙しくて返済しそびれた、という人もいます。悪気はなくても期限を過ぎて返済がなければ「延滞」したということになってしまいます。

実は、金融会社の利用状況というのはリアルタイムに信用情報機関にデータが送られ、管理されているのです。信用情報機関では、個人の氏名、電話番号、住所、勤務先の住所・電話番号、借り入れ状況といった信用情報が管理されています。この情報は、金融機関が消費者から融資の申し込みがあった際に返済能力の有無を判断するために照会されます。

借り入れ状況のデータでは、延滞履歴が重視されます。もし3回以上の延滞履歴といった滞納のデータがあれば、ブラックリストとして融資の申し込みをお断りする原因になってしまいます。返済能力がない、また信用度が低いとして評価されてしまうのです。信用情報は各金融機関が共有しているデータなので、他社で新規の申し込みをしても必ず信用情報機関に照会をかけますから滞納はばれてしまうのですね。

ただし、1回や2回の延滞ならば、影響はないので安心してください。もちろん、返済期限をうっかり忘れてしまったり、返済のお金が用意できなかった、なんてことは避けてほしいことですけどね。