カードローン 人気

忙しい人でも大丈夫!消費者金融のカードローンの人気の秘訣!

カードローンは忙しい私にどこまで応えてくれる?

私は自分で言うのもなんですが、仕事がある時は非常に忙しく、朝起きて会社に行き、仕事が終われば夜も遅いです。そうなると家に寝に帰るだけの生活となってしまい、他の事に時間が避けません。また恥ずかしながら忙しい割には給与も良いとはいえず、緊急事態に弱いのが困りものです。

給与が少ないとなると当然急なお金の入用にも弱く、さらに言うなら工面する為の時間も取れず、銀行といった主だった金融機関は土日休みですので、お金を借りようにも時間が合わないのです。なので時には友人などに頼み込んで借りたりしてやりくりしていたのですが、さすがに何度も行うのは気まずいですし、何より金額が大きいと、さすがに知人に頼むわけにはいきません。

その時も途方に暮れており、何とか時間に左右されない借り入れ方法…申込み段階から出来る方法は無いものかと探していた時に、消費者金融のカードローンが目に止まりました。なんでも消費者金融というのは昔はサラ金と呼ばれていて評判が悪かったのですが、営業所の中には24時間でも受け付けてくれるところがあるので、きちんと返せるようなら、私にとってはうってつけでした。

評判を吹き飛ばすような使い勝手の消費者金融カードローン

評判の悪さというものに若干怯えつつ比較的人気が高く評判も良さそうな消費者金融でカードローンを作る事になったのですが、最初の心配については、まさに杞憂というものでした。それこそ、判断に悩んでいた時間が今となっては勿体無いと感じるくらいです。

消費者金融のカードローンというのはいつでも申込めて、尚且つ融資もいつでも受けられるのです。さらに評判が悪くなるような行為は一切行ってくるわけでもなく、電話で相談した時も、とても丁寧に応対してもらえました。

さらに無人機にて契約したのですが、この時にも無人ならではの気楽さと頼れる人が居ないという不安もあったのですが、離れた場所に繋がっている固定電話がありますので、そちらを使えば問題ありません。細かい部分まで不安を取り払うような仕組みがあるのが、尚の事好印象でした。

消費者金融のカードローンに不安を抱いていた私ですが、今では不安も消え去り、忙しい毎日のお金の入用にも難なく対応できるようになりました。忙しい私の都合に合わせて、尚且つ不安もしっかりと解消してくれるカードローンには感謝しっぱなしです。

法人用と個人用の違いを知りたい!カードローンの種類と特徴

キャッシングやローンの目的というのは人それぞれです。少しお金が必要という人もあれば、大きな金額のお金が必要というケースもあるでしょう。金融会社では、目的に応じてローンを用意しています。計画に合ったローンを利用するとよいでしょう。

金融機関のローン商品には法人用のローンがあります。法人の会社というのは株式会社・有限会社のように法人化されている会社のことです。法人用以外のローンというのは、個人対象のものになります。法人用と個人用のローンはどこが違うのでしょうか?

法人用ローンというのは、法人化されている会社対象のローンというだけでなく、その目的は事業性の資金ということが条件になります。個人用のローンには家を購入するための住宅ローン、車を購入するための自動車ローン、教育費にあてるための教育ローンなどがありますが、カードローンの場合は特に目的は指定されておらず自由に利用することができます。

法人用ローンを申し込む時には、担保や保証人が必要な場合があります。これは金融会社や審査の結果によっても異なります。金利は金融機関によって異なりますが、個人用ローンよりも低いのがメリットです。ただし、審査によってはローンを実行してもらえない場合もあるでしょう。近年は不況のため、事業成績が思わしくない会社も増えていますが、こういった会社は金融機関もお金を貸し渋る場合もあります。

カードローンには法人用のものもあります。カードローンというのはカードを発行し、そのカードを使って限度額の範囲で必要なお金を繰り返し借りることができるというものです。個人用のカードローンよりも金利が低いというメリットがあります。また、担保や保証人が不要な法人用カードローンもあります。カードローンはほかのローンよりも審査に通過しやすい場合があるので、ほかのローンでダメだった場合はカードローンの申し込みをしてみるのもおすすめです。

また、個人事業主というのは法人化されていない会社なので、法人ローンの申し込みができない商品もありますが、中には個人事業主も申し込みできる法人用カードローンもありますので利用してみるとよいでしょう。個人用のカードローンは利用目的が自由なので、事業資金にあてるために利用することもできます。

キャッシング、ローンの違いって?その特徴について

金融機関の広告やパンフレット、ポスターなどを見ると「キャッシング」「○○ローン」といった表現を目にします。キャッシングとローンというのは何が違うのでしょうか。どちらも融資なのですが、それぞれに特徴があります。

まずキャッシングというのはcash、つまり現金を借りることを表します。ローンもお金を借りることに変わりないのですが、キャッシングの場合はどちらかというと少額の融資といった意味合いに使われます。一括で融資を受け、一括で返済するという形です。一方、ローンというのは、キャッシングよりも大きな金額の融資を長期間にわたって返済するような場合が多いです。また、キャッシングは利用目的は自由であることが多いのですが、ローンの中には住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、事業者ローンなど目的が限定されている商品もあります。そしてローンの種類によって金利の設定も異なります。

とはいえ、最近はキャッシングとローンの区別があいまいになってきているのが現状です。例えばカードローンというのはネーミングはローンですが、お金を借りたい時にカードを使って引き出す方法は、キャッシング用のカードと同じ方法になるので、ほぼ同じ意味合いになるといえます。キャッシング用のカードで借りたお金の返済も、一括ではなくリボルディング払いなど長期間にわたって支払ケースが多いです。

キャッシング、ローンという言葉の使い方も、金融会社の商品によって扱い方が異なるので、私達消費者は特に両者の違いにこだわる必要はなくなってきているのかもしれません。どちらにしても、利用の前にはしっかりと内容を把握しておくことは大切ですね。

増額できますか?キャッシングの限度額の仕組み

カードローンって便利ですよね。お金が必要になった時にATMからお金を引き出して借りることができるので、カードを発行しておくといざという時に助かります。利用目的は自由なのでさまざまなシーンでお金を借りるのに便利です。しかし、カードさえあればいくらでも借りられるわけではありません。カードには利用限度額が設定されていますので、この範囲内で利用をすることになります。

カードの限度額は種類によって設定が異なりますので、申し込みをする際に必ず確認しましょう。中には利用しているうちに、「もっと限度額の枠が大きかったら良いのにな。」と思うシーンが出てくるかもしれません。限度額というのは自分で自由に変更することはできません。それでは、限度額というのは設定の通りのままで我慢しなければならないのでしょうか。

金融会社によっては、利用者の申し出により、限度額を増額することが可能な場合もあります。限度額を増額したい場合は金融会社に問い合わせましょう。ただし、中にはもとから限度額の変更が不可能なカードもありますので、申し込みの際に確認しておくのもおすすめです。金融会社のほうで許可が下りれば、途中で限度額を増額することは可能になります。もちろん、増額を許可できるケースというのは、利用実績が健全で増額しても返済能力において問題ないと判断された人になりますので、過去の返済が滞るような人というのは増額は難しいかもしれませんね。

また、いくらでも増額が可能というわけでもありません。2010年から開始された総量規制により、年収の3分の1を超える借り入れはできなくなりましたので、消費者金融のカードローンの場合は、これを超える限度額の設定はできません。銀行のカードローンは総量規制の対象に含まれません。総量規制はお金の借り過ぎによるトラブルを防ぐための規則ですが、繰り返し借り過ぎてしまうとやはり返済する時に大変ですから、ゆとりを持って計画的に利用するのがのぞましいといえます。

比較しよう!おすすめのカードローンを知りたい

カードローンを上手に使って人生を有効に使っている人が増えています。カードローンというのは金融会社からお金を借りることになるので、もちろん計画的に使わなければなりませんが、カードを発行しておくといざという時に便利なので、チェックしてみるとよいですよ。

カードローンと言っても、さまざまな金融機関が取り扱っており、それぞれ特徴が異なります。どこのカードローンがおすすめかと言いますと、これは一概に言えず、個人のライフスタイルに合ったバランスのものを選ぶことが一番になると思います。銀行、信販会社、消費者金融ごとの特徴を挙げていきましょう。

銀行は、金融機関の中でも一番なじみが深く安心感のあり、人気があります。カードローンは信販会社や消費者金融よりも金利が低い点もメリットです。目的によって商品に種類があります。場合によっては担保や保証人が必要な場合もありますが、条件がつく分は低金利で限度額が高いなどのメリットが得られます。審査は厳しい場合もあるので、誰でも手軽に発行できるとは言いがたいでしょう。

信販会社は銀行よりも金利が高くなりますが、消費者金融よりもクリーンなイメージがあるので、消費者金融の利用に抵抗がある人におすすめです。消費者金融は、金利は高くなりますが、フリーターや主婦のように他の金融会社では申込できない立場の人でも申し込みできる場合も多く、審査も甘いのが特徴です。また、申し込みからカード発行までがスピーディなのも魅力です。消費者金融といってもたくさんの業者がいますが、大手銀行の傘下になっている会社TVCMでおなじみの知名度が高い会社は信頼度も高くおすすめです。金融機関の中から会社を選ぶ時は、よく情報を調べて、信頼のおけるところを選ぶようにしましょう。

おすすめ!借り入れの前のシュミレーション

金融会社からお金を借りるという経験がない人にとっては、金融会社がどういう所なのか、お金の借り方、お金の返し方などはよくわからなくて不安…ということがありますね。ローン・キャッシングがどういうものなのかをしっかり把握してから利用することは、後でトラブルが起きることを防ぐことにもなるので重要なことといえます。金融会社を利用する際には、情報をよく調べ、しっかり理解してから申し込みするようにしたいものです。

インターネットの普及により、たいていの企業は自社のホームページを公開しています。ネット上からもサービスを受け付けていることが多いです。大手の金融会社なら必ずホームページを運営しているので、調べてみるとすぐ見つかるはずです。ローン・キャッシングを利用する際にはその会社の規約をしっかり読み、契約内容を把握することが大切ですから、面倒くさがらずに隅々まで記載に目を通すようにしましょう。

たいていのサイトでは、返済シュミレーションが体験できるサービスを行っています。これは会社によっても異なりますが、お金を借りた場合の月々の返済額や返済期間を見積もってくれるツールです。案内に沿って、画面から希望の融資金額を入力するだけの簡単操作でシュミレーションできます。何度でも利用できますしお金もいらないので安心です。金利や返済額の計算方法は会社によっても異なりますし、自分で計算するよりもシュミレーションツールを利用するほうが正確で簡単なので是非利用してみることをおすすめします。

お金を借りる時のことだけを考えるのではなく、返済時のことをきちんと計算しておくことは非常に大切です。深く考えずにお金を借りてしまうと、返済する時になってから大きな負担に気付く、ということになりかねません。無理のない返済ができるように、利用の前に返済シュミレーションを利用して、判断したいものです。

知っておこう…キャッシングを滞納するとどうなるか?

金融会社のキャッシングというのは、ボランティアでお金を貸してもらっている事とはもちろん違います。金融会社は消費者を信用してお金を貸し出しており、消費者はそのお金は必ず返さなければなりません。また、キャッシングの契約の際には、金利、返済期限、返済額などの取り決めは済んでいるので、お金を借りた人はその契約の内容を必ず守って利用しなければならないのです。

お金を借りた人のトラブルで多いのが、期限までに返済できないということです。契約の際には、毎月の締日が決まっていたり、○月○日までに返済をする、といった取り決めが行われているはずですので、この日を1日でも過ぎてはいけないのです。しかし、中にはうっかり忘れていたり、たまたま忙しくて返済しそびれた、という人もいます。悪気はなくても期限を過ぎて返済がなければ「延滞」したということになってしまいます。

実は、金融会社の利用状況というのはリアルタイムに信用情報機関にデータが送られ、管理されているのです。信用情報機関では、個人の氏名、電話番号、住所、勤務先の住所・電話番号、借り入れ状況といった信用情報が管理されています。この情報は、金融機関が消費者から融資の申し込みがあった際に返済能力の有無を判断するために照会されます。

借り入れ状況のデータでは、延滞履歴が重視されます。もし3回以上の延滞履歴といった滞納のデータがあれば、ブラックリストとして融資の申し込みをお断りする原因になってしまいます。返済能力がない、また信用度が低いとして評価されてしまうのです。信用情報は各金融機関が共有しているデータなので、他社で新規の申し込みをしても必ず信用情報機関に照会をかけますから滞納はばれてしまうのですね。

ただし、1回や2回の延滞ならば、影響はないので安心してください。もちろん、返済期限をうっかり忘れてしまったり、返済のお金が用意できなかった、なんてことは避けてほしいことですけどね。

今カードローンが熱い!その理由は投資?

金融商品の中でも人気が高いのがカードローンです。カードローンは金融会社に申し込みをしてカードを発行し、お金を借りたい時にATMから引き出して利用できるという便利なものです。金融会社に申し込みをして一括でお金を借りる方法と異なり、設定された限度額の範囲で自由に繰り返し利用できる点がうけています。お金が必要になるシーンといえば、生活費、おつきあい、旅行、教育費など数えきれないほどたくさんあります。カードローンを時々利用しているという人はけっこう多いのです。

株式投資などの資産運用にカードローンを利用しているという人も少なくありません。将来のためにも資産運用を考えている人は増えており、貯蓄や退職金を利用するといったケースがほとんどかと思います。しかし、先立つものがないと場合は投資もできませんから、カードローンを利用すれば資金を用意することができます。

もちろん、株式投資にはリスクもありますから、しっかり勉強しながら投資しないといけません。頑張って活用すれば将来の資産も安心です。ただし、お金を借りたからには返済していかなければなりませんので、カードローンで返済する金利手数料についてもしっかり把握しておく必要があります。金利を払うことで利益が残らなくなる場合もあるからです。

できれば、金利の低いカードローンを利用したり早めに返済を済ますなどして、金利手数料のコストを抑えることがおすすめです。金融機関にローンを申し込む場合、「株式投資に使いたい。」と言ってもそのような目的ではお金を貸してもらうことはできないでしょう。自由な目的に利用できるカードローンならば、株式投資でも何に使っても文句は言われないので使いやすいと思います。ただし、いくら自由に利用して良いからといっても、資産に損失が生じるような利用の仕方になってはいけませんので、くれぐれもよく検討することが大切です。

カードローン利用中です…住宅ローンも申し込めますか?

マイホームを持つというのはやっぱり良いものですね。しかし家を購入というのは一生の大きな買い物と言い、高額の費用も必要ですから、そう簡単に手が出るものではありません。たいていの人は親にお金を借りたりローンを組んで家を買うという方法をとっているようです。

ある人はマイホームを建てる計画をしており、住宅ローンについて検討していたそうです。ところが、現在、利用しているカードローンの残高が残っており、知人から「カードローンの借金がある者は住宅ローンは断られるらしい。」と聞いたそうなのです。家族がマイホームを持つ夢を膨らませているので、自分のせいで住宅ローンが組めないとなると困る…とその人はショックを受けたらしいのですが、実際にはどうなのでしょうか。

金融機関によっても審査基準は異なりますので、一概には言えませんが、必ずしも他社のカードローンの残高があるから住宅ローンが組めない、というわけではありません。確かにローンの申し込みの際には借り入れ状況も審査しますので、すでに借金がある人にさらに新規のローンを増やすとなると、審査は不利といえるかもしれません。しかし、審査というのは今後の返済能力を判断するものなので、住宅ローンの返済能力があると判断されれば審査に通過することは可能になります。

もちろん、過去にカードローンの滞納といったブラックリストがあれば、住宅ローンの審査には非常に不利になってしまいます。過去の利用履歴が健全であれば、審査には通過しやすくなるものです。もし、審査に通過する確率を上げたいのであれば、現在残っているカードローンを完済してから住宅ローンを申し込むようにするという方法もあります。金融機関に相談してみるとよいでしょう。

コンビニでらくらくキャッシング!こんな時にも便利です

コンビニエンスストアは全国に普及していて、どんな人でもたいていは身近な場所に1軒は見つけることができるものですよね。コンビニといえば、買い物をしたり荷物を送ったり振り込みをしたりといろいろなサービスを行っていて、とても便利です。しかも365日24時間営業しているので、深夜や年末年始でも自分が行きたい時にはあいているのが嬉しいですね。

コンビニにはATMが設置してありますね。ATMは提携している銀行のサービスを利用したり、キャッシングを行うことができる機器です。ATMというのは通常は銀行などに設置してあるので、銀行の営業時間内に足を運ばないと利用できないデメリットがありました。しかし、コンビニなら休業時間がないので、平日や日中が忙しくて銀行のATMに立ち寄れないという人でもATMを好きな時に利用できてとても便利です。コンビニのATMではカードローンのキャッシングに使うことができます。

カードローンというのは、金融会社で発行したカードをATMで利用することによって借りたい金額のお金を引き出すことができるものです。限度額の範囲内なら繰り返し借りることができるので、カードを持っておくといざという時に助かります。お金というのは急に予定外に必要になることが多いものですし、給料日前にちょっとだけ足りない、という経験をする人もいるでしょう。こんな時にはコンビニでカードローンを利用すると、手軽にお金を用意することができます。

借りたお金はもちろん返さなければなりません。指定された日までに返済しないと延滞手数料が発生します。また、きちんと返済してくれないお客様というのは、延滞状況が信用情報のデータに残ってしまい、ひどい場合はブラックリスト扱いになってしまうので気をつけなければなりません。返済方法は金融会社によっても異なりますが、銀行口座から引き落とし、振り込み、ATMから入金といった方法があります。

コンビニのATMからも返済できますので、最寄りのコンビニに立ち寄れば便利に返済することができます。コンビニというのはわざわざ足を運ぶ場所というよりも、身構えずにふらっと立ち寄れる場所ですから、ATMも気軽に利用しやすいですよね。

旦那に内緒でお願い…専業主婦の借金は可能ですか?

主婦は家事や育児も忙しいけど、家計のやりくりもとっても大変ですよね。景気は悪いし、物価は高いし、夫の給料だけでは苦しい…しかも予定外の出費だけは減ってくれないものです。一生懸命節約していても家計がピンチということもありますね。こういう時はキャッシングを上手に利用していく、という方法もあります。

ただし、主婦が金融会社から借金をするというのは、ちょっと後ろめたい気持ちがあるかもしれません。お金は借りたいけど、夫にばれると叱られそうだと不安に思っている奥様も多いことでしょう。主婦の場合、金融会社で融資を受ける場合は主婦一人では審査に通りにくく、夫の同意書や収入証明書が必要な場合が多いです。ですから、夫に内緒で借金するということは難しいのです。

主婦の場合でもパートで働いているという人はけっこういるでしょう。キャッシングというのは安定した収入があることが条件ですから、パートで収入がある場合は主婦でも審査に通過できる可能性が高くなります。パートでも申し込みできるカードローンがあるので、利用するとよいでしょう。

専業主婦の場合は、本人に収入がありませんから申し込みできないキャッシングもあります。申込みの際には夫に安定した収入があることが条件になり、夫の同意が必要になる場合が出てきます。それでは専業主婦は借金できないの?いえ、中には専業主婦が夫に内緒で申し込みできる銀行カードローンもありますよ。有名な銀行なので安心してくださいね。しかも夫の同意書、収入証明書、担保、保証人は基本的に不要ですので、夫に内緒で申し込みすることができます。カードを持っておけば、いざという時に安心です。

とはいえ、カードローンの返済に充てるお金というのは、全てご主人が稼いできたお給料になりますよね。家計をやりくりするのが上手な奥様ならご存知と思いますが、あくまでもキャッシングというのは計画的に使わないと返済で苦労することになります。これはご主人にも申し訳ないことですから、使い過ぎには絶対に気をつけましょうね。